伊勢神宮へのお参り

こちらのブログでは主に休日の旅行について書いていることが多いのですが、2020年初頭から始まった新型コロナウィルスの影響で、行きたい場所へ自由に行き来できる機会が少なくなり(仮に旅行をしていてもあまりおおっぴらにできなかったり)、そんな状況で更新がすっかり久しぶりになってしまいました。

そんな中、毎年欠かさずお参りしているお伊勢さんに今年に入ってまだ行けていない、、早く行かなくては、、と平日に日帰り弾丸で行って参りました。

ここ数年は、お参り前に外宮前にある伊勢せきや本店で朝ごはんをいただくのが定番となっています。建物の外観は古くから伝わる伊勢建築が趣たっぷりで、脇にある階段を上がって2階の「あそらの茶屋」へと向かいます。

今回私がいただいたのが「御饌の朝かゆ(さざえバージョン)」です。さざえ以外に、あわびや鯛、伊勢エビなどからも選ぶことができます。
外宮の御祭神、豊受大神に感謝の気持ちを捧げながらいただきます。

外宮の手水舎は感染予防のため、写真のように柄杓を使わない流水式となっています。外宮だけでなく、内宮も同様です。

この日はあいにくの雨だったのですが、内宮の鳥居をくぐる頃には小雨からしだいに止んでいき、雨によって浄化していただいた気分です。

車は神宮会館の駐車場に止めることが多いので、おはらい町を抜けておかげ横町へ。
おはらい町では伊勢らしい外観のスタバを見つけました。学生らしき男の子達が「映える〜」と大騒ぎ(笑)

伊勢神宮におみくじがないのは有名ですね。お参りをするだけで大吉と同じ御利益があるからだとか。
ウィズコロナの時代になって、日帰りで行ける神社やお寺をお参りする機会が増えています。お参りを重ねれば重ねるほど、ご加護をいただいている気持ちになれるので不思議です。