日帰り京都

3連休の日曜日は日帰りで京都へ行って参りました。

 
紅葉シーズンですが目的はそればかりでなく、
京都国立博物館の特別展「国宝鳥獣戯画と高山寺」が会期ぎりぎりだったので
それを見に行くことにしました。

 
鳥獣戯画と言えば、可愛らしいカエルやうさぎのイラストが有名ですが、
全部で四巻もあるんですね。しかも巻によってタッチが微妙に違うようです。
修理完成記念と言うことで雑誌やテレビで様々な特集が組まれていたため、
事前の情報収集は万全です。

 
紅葉は永観堂で満喫し、京都国立博物館を目指して入館…
とその前にハイアットリージェンシーで一服を。

 
ハイアットのロビーは伝統模様の透かし組が装飾されていますが、
こういった装飾はずっと見ていても全く飽きないですね。
大丸心斎橋店の天井も同様です。

 
ハイアット

 
さて、ハイアットでのんびりしていたら時間は16時半に、
いそいそと博物館に行くともの凄い大行列ができていて、
案内を見ると屋外で80分、屋内で60分の待ちとあります。
ということは待ち時間だけで2時間10分!
夕食は18時に予約を入れていたため、このままでは間に合いません…

 
鳥獣戯画を取るか夕食を取るか…
悩んだ末泣く泣く鳥獣戯画をあきらめ、名品ギャラリーだけを見ることにしました。
長蛇の列を見ていたら気後れしてしまったのです。

 
京博

 
鳥獣戯画

 
いえ、でも名品ギャラリーだけでも見ることができて充分満足できました。
特に一階の彫刻等はかなり見応えがあるかと思います。

 
その後は室町に移動し、日本料理の和久傳へ。
名古屋ではミッドランドスクエアや松坂屋でおもたせを購入することができますね。
(れんこん菓子の西湖にはまっています)

 
鳥獣戯画よりも和久傳を取ったことになぜか罪悪感を感じながら、
食事をスタートさせました。
こちらでは料理の前に竹酒を出してくれますが、風情があって良いですね。
料理は盛りつけも味も繊細で神経が行き届いています。

 
お味はというと…
シンプルですが一品一品素材がきちんと活かされていて、
もちろん美味しく頂くことができました。
最後に頂いた土鍋で炊いた白米は、今まで食べたことがないくらいの美味しさでした。

 
何だか食事のために京都に行ったようですね。
良い休日でした。

 
和久傳1

 
和久傳2

 
和久傳3

 
和久傳4

 

SHAMOTBLANC

先週の土曜日、八事の南山大学近くにあるSHAMOTBLANCさんにお邪魔してきました。
SHAMOTBLANCさんはライブラリーカフェで、
漆器や紳士服を取り扱うライフスタイルショップでもあります。
女性オーナーのSさんは、元々建築・インテリアのお仕事をされていたとあって、
入口から内装、調度品まで全てがセンス良くとても居心地の良い空間となっています。
こちらのSさん、ご主人のご実家が営む事業を承継し、
しばらくした後設計事務所を設立、上記ショップの運営などを行っています。
さらっと書きましたが…女性の立場でご主人のご実家の事業を承継することというのは、
かなり勇気のいる決断だったのではないかと思います。
なかなか出来ることではないですね。
そして現在、会社を立ち上げご自身の関心事を集約するようなショップを運営するという、
思いを実現する行動力は本当に素晴らしいです。
Sさんの外見は華奢でとても女性らしいのですが、
中身は男前というか男らしいというか…
私の周りにはそんな格好良い女性が多くいて、それがとても良い刺激になっているんですね。
そんな方々を見習って、女性らしさを忘れず、
でも好奇心を持っていろんな事にチャレンジして行けたら良いと思っています。
入口

店内1

店内2

中川運河キャナルアート その2

11月15日、風は冷たくとも良く晴れた土曜日
中川運河キャナルアートにスタッフとしてお手伝いに行って参りました。

 
イベントのメイン会場はリンナイの旧部品センターです。
中は驚くほど広いのですが、その一部を使用して
子どもたちのヴァイオリン演奏やパフォーマンス、マーケットを行いました。

 
中川運河に拠点を置く大沢ヴァイオリン教室には小さな子どもも居ます。
そんな子どもたちが聴き手の心を掴むような演奏を行うので
リハーサルの段階からすでに感動してしまいます。

 
IMG_0082

 
IMG_0090

 
パフォーマンスを行う隣の部屋ではマーケットを行っていました。
出展者は普段多治見で河川敷サンデーマーケットとして活動している方々です。
(余談ですが、たじみ河川敷サンデーマーケットを主催するKさんのお店
「そったくどうじ」はカレーうどんがとても美味しいです!)

 
IMG_0092

 
IMG_0091

 
夜は浅井信好さんを中心とするダンスと音楽のパフォーマンス。
18時頃からお客さまが集まり始め、
スタートの19時頃には用意していた席がほぼ満席に。
開演中もお客さまは次々といらっしゃり立ち見の方も相当な数となっていました。

 
倉庫のパフォーマンスはダンサーの誘導でやがて水上ステージへと移動するのですが
ほとんどのお客さまが帰ることなく、引き続き屋外でのパフォーマンスに見入っていました。
静かで冷たい空気の中で行われる、ダンサー達の体温や息遣いが伝わってくるような
美しく幻想的なパフォーマンスでした。

 
IMG_0097

 
IMG_0084

 

輸入車ディーラー会社案内

この一ヶ月は印刷物の納品ラッシュで、
輸入車ディーラーの会社案内も最近納品された仕事のひとつ。

 
今回は、映像ディレクターとしてテレビ番組やプロモーション用映像の
制作を行っていた経歴を持つ主人と共に制作を行いました。

 
元映像ディレクターの主人にとって企画書や台本の制作はお手の物のようですので、
主にコピーライティングを行って貰いました。
あ、あと撮影もですね。

 
主観なのですが…
自分を含めて制作の現場に携わる人間というのは、
良く言えば物事にこだわりを持つ(悪く言えば頑固さを持つ)傾向が多いように感じます。
そんな現役デザイナーと元映像ディレクターが一緒に仕事を行うと…
様々な意見のぶつかり合いが生じるのです(笑)

 
と言っても大枠の方向性や構成は早い段階で共有していたので
色味やレイアウト、写真の選定など細かな点で細かなやり取りがあった訳です。

 
ですがこういった過程はすごく重要で、
外部パートナーやお客さまの意見の中に新たな気付きがあることが結構多いんです。
こだわりを持つことは必要ですが、しなやかに対応できる柔軟性も大事にしていきたいですね。

 
会社案内_1

 
会社案内_2

 
会社案内_3

 

八事山興正寺のジャズライブ

名古屋市内の新栄にて、イタリア語教室や留学のコーディネイト等を行う、
美人経営者のMさんからお電話をいただいたのは8月の終わりの事でした。

 
イタリア文化の普及と交流を目的とする
イタリア外務省の機関であるイタリア文化会館と、
イタリア経済省の機関である在大阪イタリア総領事館が後援となって開催する、
イベントの告知ツールを制作したい…といったご相談でした。
(何だか文字がイタリアだらけになってしまいましたが)

 
Mさんとは名古屋商工会議所が主催する
若手経営者向けの異業種交流団体でご一緒していますが、
その会が発行する名簿からEMU DESIGNのウェブサイトを
ご覧になってくださったようです。嬉しい限りです。

 
イベントの内容は、イタリアのジャズピアニストによるピアノソロライブ。
ジャズと言えばアメリカ・ニューオリンズが発祥と言われますが、
イタリアはもともとクラシック音楽家を多く輩出するなど音楽水準が非常に高く、
洗練されたイタリアン・ジャズを展開しているようです。
(ごめんなさい、ジャズのことはあまり詳しくありません)

 
さて、最初の打合せ時、イベント内容と日程は決まっていましたが
会場は未定…といった状況でした。

 
あれこれ話をしているうちMさんから八事の興正寺はどうか、という言葉が出てきました。
興正寺と言えば高さ6メートルの大仏様が出来上がったというニュースがメディアを賑わしていて、
こちらに結婚式の会場としても使用することができる素敵な日本庭園があるということです。

 
大仏様や五重塔をバックにイタリアンジャズのライブを行うという
ビジュアルをイメージしただけでとてもワクワクし、
興正寺でジャズライブができたら最高ですね!とその日の打合せを終えました。

 
その後、Mさんの交渉により会場は無事に興正寺に決定し、
グランドピアノも搬入されることになりました。

 
リヴィオ・ミナフラピアノソロ Japantour2014
2014年11月22日(土)13:00Open 13:00Start
八事山興正寺 普門園にて(料金¥4,000)

 
チケットお問合せはクラブイタリア名古屋株式会社(0120-08-3365)まで

 
庭2

 
庭1

 
五重塔

 
リーフレット

 

セレクトショップのオープン

名古屋市東区、高岳駅の近くでセレクトショップをオープンするという、
K社長に初めてお会いしたのはEMU DESIGNの法人登記が終わった翌日のことでした。

 
それまで医療関係のお仕事に従事していたK社長、
セレクトショップオープンに向けた準備と並行して会社登記を行っている最中で、
定款の書き方や手続きに関する話題で盛り上がったのを覚えています。

 
K社長からのご依頼は、オープンするショップの通路に面したガラスに
ショーウィンドウのような施工を施したい…といった内容でした。

 
新規オープンですので、まずロゴマークが要りますね…と言った話から始まり、
DMやショップツール、最終的にはショップに置く商品をネットでも販売したいということで
ECサイトの構築までをお手伝いさせていただくことになりました。

 
ショップの名前がエカリーナ(イタリア語で可愛いの意味)、
会社の名前がローズライン、ということでロゴマークは薔薇の花に決定。
ショップのガラス面にはイタリア・フィレンツェの紋章、
フルール・ド・リス(ユリの花)をパターン化し、
フォグラスという磨り硝子調のシートでカッティングを施しました。
実際にショップにはフィレンツェ発のブランドが数多く置かれています。

 
さて、EMU DESIGNでこのようなご依頼をいただいた場合、
それぞれの専門家である外部ブレーンと協力しながら仕事を進めます。

 
施行

 
外観

 
撮影

 
店舗サインと施工はグラフィックファイン株式会社のKさんと職人のKさん(Kさん多いですね)。
DMやホームページのイメージ撮影は写真事務所 LINKAのKさん。(またKさん!)
EMU DESIGNはデザイン事務所ですが、時々外部のデザイナーに助けを求めることもあります。
今回の助っ人は知的美人デザイナーのKさん(このプロジェクト全員Kさん?)。
ECサイトの構築・コーディングはアトリエ・ガーネットのOさん(お一人だけOさんでした)。
現在はECサイトのオープンに向けて着々と準備を行っています。

 
エカリーナ
http://www.ecarina-roseline.com/
名古屋市東区東桜2-9-14 MATRIX35 1B
※店舗外観と商品撮影は写真事務所 LINKA
ブレスレット

 
パンプス

 

中川運河キャナルアート その1

秋本番、過ごしやすい毎日が続いていますね。
この季節は週末ごとに屋外でのイベントやお祭りが開催されていますが、
今年も中川運河沿いで開催されるアートイベント、
中川運河キャナルアートのポスター兼パンフレットのデザイン協力をさせていただきました。

 
IMG_0011

 
中川運河キャナルアートには様々なご縁があり、
活動が開始された2010年から間接的に関わらせていただいています。
中川運河ってどんなところ?とお思いの方に・・
こんなところです。

 
IMG_0999

 
流れがほとんどないため、風のない日は雲が鏡のように映る様子が見られます。
今回は初めて水上ステージを設置したパフォーマンスも行われます。

 
詳しくはこちらから。

 
http://www.canal-art.org/art/

 

ブログを始めました

この度は当ブログを訪問してくださり誠にありがとうございます!
株式会社EMU DESIGN(エミューデザインと読みます)代表取締役の木村絵美と申します。
こちらのブログでは主に仕事に関する日々の出来事を書連ねていく予定です。

 
それでは、簡単な自己紹介をさせていただきます。

 
・1974年、緑に囲まれた岐阜県恵那市に生まれる
・美術鑑賞が趣味の両親の影響か、図工と美術の成績が割と良くごく自然にグラフィックデザイナーという職業を志す
・デザインプロダクション・広告制作会社での勤務を経て2007年デザインオフィスエミューとして独立
・2014年法人設立とともに名称を株式会社EMU DESIGNに変更

 
今後ともよろしくお付き合いくださいませ。

 
 

profile

 

ホームページオープン

株式会社EMU DESIGNのホームページが完成しました。

今後ともよろしくお願いいたします。