元アップルジャパン社長の講演会に参加しました

名古屋駅前にあるキャッスルプラザホテルにて開催された、元アップルジャパン社長、山元賢治さんの講演会に参加してまいりました。

山元さんがアップルジャパンの代表取締役社長に就任されたのは2004年、ちょうどiPhoneやiPodが日本市場へ投入される頃の事となります。

講演内容について詳しく書くことはできませんが、
「無から有を産むクリエイティブな仕事は人間にしかできない」
との言葉がとても印象的で、同時に、クリエイティブな仕事に関わる一人間として背筋が伸びる思いがしました。

もうひとつ、現在は経営コンサルタントとして日本全国で講演や塾を開催されていますが、様々な活動を通してポジティブ・スパイラルを作り出したい、との言葉も心に響きました。

4月から、山元さんご本人が講師を務める経営者向けの塾と、アメリカの大学でアメリカ人に言語学を教える日本人女性が講師を務める英語塾が開催されます。

そちらのチラシ制作を担当させていただきましたが、ご本人も気に入っていただけたようで嬉しい限りです。

ゲストスピーカーとしてお話をさせていただきました

2019年に入って一ヶ月が経ちますね。
先月の話になりますが、椙山女学園大学の生活科学部 生活環境デザイン学科にて、総合企画論ゲストスピーカーとして学生達の前でお話をさせていただきました。

テーマは「これからの時代にデザイン思考が必要な理由」です。

実は2018年のにも同様の内容にてお話させていただいていたのですが(前回のテーマは企画に感性を活かす、です)今回は内容をさらにブラッシュアップし分かりやすくしました。

デザイン思考とは?
もしかしたら最近よく耳にするワードなのかもしれませんね。
主にデザイナーが業務の中で行うアイデア発想法のプロセス、といって良いかと思います。
自分自身、デザイナーとして仕事を行うようになって○○年(!)の間に自然に身につけ実行しているプロセスです。

質疑応答を除いておよそ60分間お話をさせていただきましたが、慣れないせいかやはり緊張しますね、、
60分も間が持つのかと色々と心配などしましたが終わってみるとあっという間でした。せっかくまとめた資料なので、また別の場所でもお話できる機会があればと思います。

大一美術館のリーフレットリニューアルデザイン

大一美術館さんには1997年の開館当時からお使いのリーフレットがありましたが、
来年20周年を迎えるにあたって内容を刷新されたいとのことで、
デザインのリニューアルを担当させていただきました。

大一美術館リーフレット

デザインにあたって一番苦心したのはアクセスのページです。
車で行く際はカーナビの案内に沿って行くだけなので何も苦労はありませんが、
公共交通機関で行くとなるとバスを使うことになります。

バスというものは通勤や通学で乗り慣れている地元の方はさておき、
外部からやってきた人間が乗る際は結構分かりにくい乗り物です。
(バスからバスの乗り換えなどあった日には私の場合完全にアウトです)

幸いこちらの美術館は最寄りの地下鉄駅や栄のバスターミナルから一本で行けますが、
それでも初めて乗る方にとっては、時刻や乗車時間等分からないことだらけだと思います。

ということで、地下鉄とバスを乗り継いで現地まで行ってみて、
乗車時間をストップウォッチで計ってみたのでした。

実際に足を運んでみると、乗り場と降り場が離れていることや
行き先によって乗り場がいくつかあることなどに気が付きます。

少しでも分かりやすく伝えるためにはどうしたら良いか、
そんなことを考えるのもデザイナーにとって大切な仕事のひとつです。

大一美術館リーフレット

渡辺おさむ展ポスターデザイン

愛知県のほぼ真ん中あたりに位置する岡崎市。
その岡崎市が市制100周年記念事業として
渡辺おさむ展〜おかざきの匠と現代アート〜が開催されます。

渡辺おさむさんは、生クリームやフルーツなどのフェイクフードを使って
様々な作品を制作するアーティストで、
「東京カワイイTV」(NHK)や「徹子の部屋スペシャル」(テレビ朝日)にも取り上げられ、
キャッチーな魅力が美術に疎遠な方々にも親しまれています。

作品は日本のみならず、アジアやヨーロッパでも人気ですが、
ご本人もアート界のスイーツ王子と呼ばれるほどとても端正なルックスをされてます。
(ここ重要です!)

さて、そんな渡辺おさむさん、岡崎市の市制100周年記念事業の一環で
伝統工芸品である三河仏壇とコラボレーションを行っています。

フェイクフードと仏壇…一体どんなビジュアル??
と思いきやこれがとてもカワイイのです!

EMU DESIGNで渡辺おさむ展のポスターやリーフレット、
チケット等をデザインさせていただいたのですが
ご本人にも気に入っていただけたようで嬉しい限りです。
(上記未確認情報ですが…)

A4チラシ_表

A4チラシ_裏

展示のほかにワークショップが開催されるのですが、
ご本人によるワークショップは受付開始から1時間ほどで満席になってしまったようです。
流石ですね!

岡崎市制100周年記念事業
渡辺おさむ展〜おかざきの匠と現代アート〜

■日時/2016年6月25日(土)〜9月4日(日)AM9:00〜PM5:00
■場所/おかざき世界子ども美術博物館
岡崎市岡町鳥居戸1-1
■観覧料/大人300円 小中学生100円

詳しくは岡崎市ウェブサイトをご覧ください。
http://www.city.okazaki.aichi.jp/300/305/p019779.html

大一美術館「アールヌーヴォーの巨匠 陶芸家としてのエミールガレ展」

地下鉄中村公園駅から徒歩20分程の場所にある大一美術館。
こちらの美術館の企画展用広報物のアートディレクションとデザインを担当させていただきました。
制作物は縦型ポスターと横型ポスター、チラシ、DMです。

大一美術館ポスター

大一美術館はそもそもガラス工芸品を収蔵している美術館ですので
エミール・ガレやドーム兄弟、ラリックの作品を常設展示をしています。

ガレが生きていた時代のヨーロッパでは日本美術ブームがあり
ガレもその影響を強く受けたことは広く知られていますが、
陶芸家としての側面も持っていたことについてはあまり知られていないのでは…

撮影の際に何点かの作品を間近で見ていますが、
どの作品もサイズに関わらずダイナミックさと緻密さと繊細さが感じられます。

大一美術館「アールヌーヴォーの巨匠 陶芸家としてのエミールガレ展」
10月30日(日)までの間、午前10:00〜午後5:00 大人¥800にて鑑賞できます。

ポスターのご提案を行う際は、通常切り口やコンセプトを変えて何案か作成します。
何案か作成したものをブラッシュアップし修正を加えて最終的に1案に絞ります。

その課程でお客さまを含めた関係者の意見や考えを織り交ぜるため、
一番最初のご提案とは違ったものができあがることがあります。

ですが、大抵客観的に見て初回のご提案よりも良いものになっていて
三人寄れば文殊の知恵と言いますが、どんな場面でも意見を交換し合うことは大切ですね。

中川運河キャナルアートミーティング

中川運河キャナルアートでは毎年3月頃にシンポジウムを主催していて
今年は3月5日14時から愛知大学名古屋キャンパス11階にて開催されます。

 
愛大の名古屋キャンパス、ささしまライブにできましたね!
一度セミナー参加のため訪れたことがありますが、
建物が新しいのでとにかくキレイで気持ち良いです。
で、そのシンポジウムの案内チラシをエミューデザインでデザイン協力させてもらいました。

 
チラシ表面

 
チラシ裏面

 
シンポジウムの前には散策エクスカーション、
後には懇親会もありますよー

 
興味を持っていただいた方、
参加いただくには事前にメール申込みが必要となります。
詳しくはウェブサイトをご覧ください。

 
中側運河キャナルアートウェブサイト
http://www.canal-art.org/future/sym160305.html

 

新規オープンの治療院ロゴマーク

一年で最も時間の流れが速く感じる12月。
上旬に名古屋栄セントラルパーク近くにオープンした治療院様のオープンのお手伝いをさせていただきました。

 
弊社にご依頼いただいたのは、ロゴマークをはじめとするチラシやウェブサイト等の販促ツールです。
今回はロゴマークだけでなく、屋号やキャッチフレーズから提案させていただいたのでした。

 
屋号や会社名を付ける際はすごく悩みますよね。
かくいう弊社の社名の一部であるEMUは知人に名付けてもらっています。
動物園や飼育場から時々逃げ出すあのエミューです…実物はかなり足が速いらしいですが
(ちなみに飛ぶことができず前にしか歩けない鳥ので「前進」の意味があり、名前ともかけてます)

 
で、治療院の屋号ですが、院長先生とああでもないこうでもないといろいろ考えつつ、
先生の名字の一部から「森」という字を取り、疲れた方々に癒やしを与えたいと
「ラフォーレ治療院」とすることにしました。
マークも森を表しています。(ラフォーレは森の意味)

 
ラフォーレロゴ

 
ロゴマークが完成したら次は販促物用に撮影を行います。
施術風景の写真を撮るにはモデルさんが必要になりますが、
今回は院長先生の娘さんがその役を買ってくれました。

 
撮影中は被写体に無理難題を言うこともあります。
もっと笑顔で!だったりとか(笑)
撮影は小橋元気写真事務所の小橋さん。手際よく撮ってくれたのでとても助かりました。
ありがたいことです。

 
laforet_0001

 
laforet_0030

 
laforet_0085

 
ラフォーレ治療院
☎052-212-7735
名古屋市中区錦3-6-17
チサンマンション栄セントラルパーク504

 
現在はウェブサイトの本格オープンに向けて鋭意準備を行っています。
(下記は仮ページ)
www.lafore-therapy.com

 

児童文学作家・小原麻由美さんの日めくりカレンダー

自宅のすぐ近くにセントラル画材さんという老舗の画材店さんがありまして
(実際は画材だけでなく額装やアートギャラリーの運営、
出力や出版等の制作に関する多くのことをやっていらっしゃいますが)
そのセントラル画材さんからのご依頼で日めくりカレンダーのデザインをさせていただきました。

 
IMG_1401

 
IMG_1398

 
日めくりカレンダーといっても月や曜日は掲載せず、万年カレンダーとして使用できるタイプで
最近は松岡修造さんやルー大柴さん、スティーブ・ジョブスさんらの日めくりカレンダーが人気のようですね。
くり返し使用することができるので、自分に言い聞かせたい言葉やメッセージを
潜在意識に刷り込むことができるのかもしれないですね。

 
今回制作されたのは児童文学作家である小原麻由美さんのことばと写真によるカレンダーです。
打合せの際、ご本人にお会いしましたがまさに素敵としか言いようのない方で
一気にファンになってしまいました(笑)

 
ご自身で撮影をされているのでことばと写真の間に距離感がなく、
ことばが写真の力を借りてすっと心に染み込んでくるようです。

 
もちろん普段仕事をしているデスクに置いて、毎日気付きや癒やしを貰っています。

 
小原麻由美さんfacebookページ
https://www.facebook.com/douwasakka/likes


 
〈カレンダーはセントラル画材さんの店頭とオンラインショップでも販売中〉
セントラル画材オンラインショップ
http://item.rakuten.co.jp/central-gazai/10009075/


 

美容室のリーフレット

先日ポスティング用のチラシを納品させていただいた
名古屋市昭和区の美容室、BamBoo hair様。
こちらの美容室にはかれこれ10年近く販促物の制作をご依頼いただいています。

 
弊社が法人化したのが1年前、独立したのが8年前。
BamBoo hairのオーナーと初めてお会いしたのが10年前。
実は会社に勤めている頃からお世話になっているのです。

 
こちらの美容室はスゴイ美容室なんですが、何がスゴイかと言いますと
集客をウェブサイトやホットペッパービューティ等の広告、
ソーシャルメディアにすら頼らずチラシと口コミのみで行っているところです。
これだけITメディアが発達したご時世にスゴイですね!
ヘアサロンがたくさんある立地で繁盛店としてすっかり地域になじんでいらっしゃいます。

 
ポスティングチラシは毎回大量に印刷しますので
配布するだけでもかなり大変なのではないかと思いますが、
1年もすると必ず無くなってしまいます。

 
美容室といえばカットやスタイリングの技術だけでなく
通いやすさや居心地の良さ、様々なホスピタリティが求められる中、
ひとつひとつを丁寧に積み重ねていらっしゃるんじゃないかと思います。
繁盛店への道は一日にしてならず!ですね。

 
BamBoohair_1

 
BamBoohair_2

 
BamBoohair_3

 
BamBoohair_4

 

周年のロゴマーク

先日のこと。
ウェブサイトを使って調べものをしている時に
弊社がデザインを行ったとある会社の周年ロゴマークが掲載されているページを見つけました。
主に豊橋・浜松エリアで不動産開発を行っている会社です。

 
logo

 
50周年ということで制作をおこなっているので
様々な媒体に露出するのは当たり前のことなのですが、
偶然見かけたのでちょっとだけ嬉しかったのです(笑)

 
そういえばデザイナーになりたての頃は、
DMやリーフレット、雑誌に新聞、大きなものだとポスターまで
全部スクラップしてとっていましたね。
あれらは一体どこにいってしまったんでしょう・・

 
デザイナー・ディレクターとしてデザインの仕事に携わるようになってかれこれ20年。
初心忘るべからず。

 
周年のロゴマークの制作をきっかけに改めて襟を正す、
そんな今日この頃です。

 

工場で使用するろ過装置のパンフレット

岐阜県可児市に本社があり、環境整備事業や機械メンテナンス、
廃液処理などを行っている会社のろ過装置パンフレットが完成しました。

 
ろ過装置とは、主に工場等の製造業の現場で活躍する、
古くなった油を新品同様にクリーンにするための機械です。

 
中部クリーンパンフレット

 
製造業のお仕事に携わっていらっしゃる方や、その現場をご存じの方でなければ
何の装置???
となるかもしれませんね。私も最初はそうでした(笑)

 
工作機械やプラスティック成型機、建設機械や油圧プレスを取り扱う現場では
必ず油が必要となりますが、使用しているうちに異物や水が混ざり劣化してしまいます。

 
もちろん定期的に油を交換すれば良いのですが、
規模によっては膨大なコストがかかり廃棄物も出てしまうため
廃油をろ過して新品同様にすることで、一石二鳥にも三鳥にもなるんですね。

 
さて、製品パンフレットでは上記のような説明をしながら
メリットを紹介していきますが、丁寧に説明しすぎて
冗長になどなってしまったらそもそも目を通してもらえません。

 
端的に製品のメリットを伝えるには?
ということで導入部にマンガを使用することにしました。

 
中部クリーンパンフレット

 
中部クリーンパンフレット

 
現場の方は機械のことをもちろんよくご存じですが、
コストダウンを考える総務部の方はそうではなかったりするようですね。

 
今回のパンフレットは展示会用に制作しましたが
その後の商談でも活用いただいています。

 

ネイルスクールNAILS GARDENのウェブサイト

名古屋テレビ塔の北側、地下鉄久屋大通から徒歩数分にある
「NAILS GARDEN」サロンを併設したネイルスクールのウェブサイトリニューアルしました。

 
NAILS GARDEN ACADEMYウェブサイト
http://nailsgarden.com/

NAILS GADENウェブサイト

 
リニューアル前のウェブサイトも弊社で制作を行っており、
当初は癒やしとラグジュアリーがサロンのコンセプトだったので
デザインも高級感のあるテイストにしていました。

 
・・ですが、一般のお客さま向けのサロンよりもプロ向けのスクール業務を中心に据えたいということで、
ウェブサイトのリニューアルを機にスクール用パンフレットを作成、
ついでにDMやサイン、細かなツールまで全面的に見直しを行うことになりました。

 
このような時に一番苦心するのは、そのサービスの強みをどう打ち出すか?という点です。
同業他社は数多くあり、他社と同じような打ち出し方を行っていたら埋もれてしまうため、
依頼主と一緒になってオンリーワンな点を探しだします。

 
当然ネイル業界にも大手がひしめきあっています。
大手になく小規模だからこそ感じてもらえるメリットとは。
実際に通ってくれている生徒さんはどのような点を魅力として捉えてくれているのか。
スクールを選択する際にどんな点を不安と感じるのか。
そんな疑問にひとうひとつ答えを出していくように作ったのがウェブサイトとパンフレットです。

 
NAILS GARDENパンフレット

 
NAILS GARDENパンフレット

 
NAILS GARDENパンフレット

 
desk

 

中川運河キャナルアートの報告書

デザイナーとしてポスター等の印刷物に携わっている、
中川運河キャナルアートの2014年度版報告書が完成しました!

 
と言っても納品は先月でした。
想定はしていましたがブログの更新がかなり追いついていません…
(今後もマイペースにゆるーく更新していきます!)

 
キャナルアート報告書

 
さて、キャナルアートのアートイベントが最初に開催されたのが5年前の2010年で、
私が委員会のメンバーとして会議に出席するようになったのが3年前の2012年から。
ですが5年前から間接的に、何らかの形で携わっています。
(最近はあまり会議に出席できていませんが…)

 
イベントには毎年足を運んでいるので、
過去の写真を見ると懐かしいなーなんて思ってしまいます。
今回の報告書は過去5年間を包括した、5年分の写真もちょこっと掲載しているので
ついデザインの手を止めて見入ってしまったりしています。
(こんなことをしているので仕事がなかなか進みません)

 
アートイベントとしてのキャナルアートは一旦一区切りするという事ですので
過去を包括している今回の報告書はちょっと特別なものになっているかもしれないですね。
報告書を希望の方がいらっしゃったらEMU DESIGNまでご連絡を。

 
hokokusho2

 
キャナルアート報告書

 

泉一丁目の不動産会社

現在の事務所は長者町通り沿いのビルにありますが、
以前は自宅近辺の東区で物件を探していて、
その際お世話になったのがこちらの不動産会社です。
(諸事情により結局契約には至らなかったのですが…)

 
エビス興産旧サイン

 
こちらの会社は通常の業務以外に
地域に根ざした様々な活動を行っています。
2014年の11月、久屋大通公園でライブや農産物の直売などを行う
ノース・ヒサヤ・フェスティバルという社会実験イベントが開催されましたが、
このような地域活性活動にも積極的に携わっています。

 
迫力のあるT社長と凄腕主任のOさんからの当初のご依頼は、
管理しているビルやマンション、
駐車場などに設置する看板をリニューアルしたいといったものでした。
何度か打合せを重ね、結果的にロゴマークや名刺・封筒などのVIツール、
サイン等をご提案させていただくことになりました。

 
会社のロゴやマークを作成する際は、その会社がどのように有るべきか
アイデンティティを明確にすることがとても重要です。
そのため企業のロゴはCI(Corporate Identity)、
企業以外のブランドやショップのロゴはVI(Visual Identity)と言います。

 
こちらの会社のアイデンティティは非常に明確で、
会社の発展≒街の発展なんですね。
街が活性化することで会社としても活性化する。
マークには街と共に発展する、そんな思いが込められています。

 
さて、先月は店舗のサインを新バージョンにリニューアル。
またまた外部ブレーンの方々にご協力いただき設置を行いました。
サインはグラフィックファインのKさん、
協力デザイナーは会社員時代の後輩S君です。

 
アクリルサイン

 
封筒

 
エビス興産サイン

 

セレクトショップのECサイト

ロゴやショップツール等をお手伝いさせていただいている高岳のセレクトショップ
エカリーナさんのECサイトが出来上がりました。

 
エカリーナトップ

 
http://www.ecarina-roseline.com/

 
ECサイトは出来上がってからの施策が重要ですので
アクセス解析を行いながら適切な広告出稿を模索します。

 

輸入車ディーラー会社案内

この一ヶ月は印刷物の納品ラッシュで、
輸入車ディーラーの会社案内も最近納品された仕事のひとつ。

 
今回は、映像ディレクターとしてテレビ番組やプロモーション用映像の
制作を行っていた経歴を持つ主人と共に制作を行いました。

 
元映像ディレクターの主人にとって企画書や台本の制作はお手の物のようですので、
主にコピーライティングを行って貰いました。
あ、あと撮影もですね。

 
主観なのですが…
自分を含めて制作の現場に携わる人間というのは、
良く言えば物事にこだわりを持つ(悪く言えば頑固さを持つ)傾向が多いように感じます。
そんな現役デザイナーと元映像ディレクターが一緒に仕事を行うと…
様々な意見のぶつかり合いが生じるのです(笑)

 
と言っても大枠の方向性や構成は早い段階で共有していたので
色味やレイアウト、写真の選定など細かな点で細かなやり取りがあった訳です。

 
ですがこういった過程はすごく重要で、
外部パートナーやお客さまの意見の中に新たな気付きがあることが結構多いんです。
こだわりを持つことは必要ですが、しなやかに対応できる柔軟性も大事にしていきたいですね。

 
会社案内_1

 
会社案内_2

 
会社案内_3

 

八事山興正寺のジャズライブ

名古屋市内の新栄にて、イタリア語教室や留学のコーディネイト等を行う、
美人経営者のMさんからお電話をいただいたのは8月の終わりの事でした。

 
イタリア文化の普及と交流を目的とする
イタリア外務省の機関であるイタリア文化会館と、
イタリア経済省の機関である在大阪イタリア総領事館が後援となって開催する、
イベントの告知ツールを制作したい…といったご相談でした。
(何だか文字がイタリアだらけになってしまいましたが)

 
Mさんとは名古屋商工会議所が主催する
若手経営者向けの異業種交流団体でご一緒していますが、
その会が発行する名簿からEMU DESIGNのウェブサイトを
ご覧になってくださったようです。嬉しい限りです。

 
イベントの内容は、イタリアのジャズピアニストによるピアノソロライブ。
ジャズと言えばアメリカ・ニューオリンズが発祥と言われますが、
イタリアはもともとクラシック音楽家を多く輩出するなど音楽水準が非常に高く、
洗練されたイタリアン・ジャズを展開しているようです。
(ごめんなさい、ジャズのことはあまり詳しくありません)

 
さて、最初の打合せ時、イベント内容と日程は決まっていましたが
会場は未定…といった状況でした。

 
あれこれ話をしているうちMさんから八事の興正寺はどうか、という言葉が出てきました。
興正寺と言えば高さ6メートルの大仏様が出来上がったというニュースがメディアを賑わしていて、
こちらに結婚式の会場としても使用することができる素敵な日本庭園があるということです。

 
大仏様や五重塔をバックにイタリアンジャズのライブを行うという
ビジュアルをイメージしただけでとてもワクワクし、
興正寺でジャズライブができたら最高ですね!とその日の打合せを終えました。

 
その後、Mさんの交渉により会場は無事に興正寺に決定し、
グランドピアノも搬入されることになりました。

 
リヴィオ・ミナフラピアノソロ Japantour2014
2014年11月22日(土)13:00Open 13:00Start
八事山興正寺 普門園にて(料金¥4,000)

 
チケットお問合せはクラブイタリア名古屋株式会社(0120-08-3365)まで

 
庭2

 
庭1

 
五重塔

 
リーフレット

 

セレクトショップのオープン

名古屋市東区、高岳駅の近くでセレクトショップをオープンするという、
K社長に初めてお会いしたのはEMU DESIGNの法人登記が終わった翌日のことでした。

 
それまで医療関係のお仕事に従事していたK社長、
セレクトショップオープンに向けた準備と並行して会社登記を行っている最中で、
定款の書き方や手続きに関する話題で盛り上がったのを覚えています。

 
K社長からのご依頼は、オープンするショップの通路に面したガラスに
ショーウィンドウのような施工を施したい…といった内容でした。

 
新規オープンですので、まずロゴマークが要りますね…と言った話から始まり、
DMやショップツール、最終的にはショップに置く商品をネットでも販売したいということで
ECサイトの構築までをお手伝いさせていただくことになりました。

 
ショップの名前がエカリーナ(イタリア語で可愛いの意味)、
会社の名前がローズライン、ということでロゴマークは薔薇の花に決定。
ショップのガラス面にはイタリア・フィレンツェの紋章、
フルール・ド・リス(ユリの花)をパターン化し、
フォグラスという磨り硝子調のシートでカッティングを施しました。
実際にショップにはフィレンツェ発のブランドが数多く置かれています。

 
さて、EMU DESIGNでこのようなご依頼をいただいた場合、
それぞれの専門家である外部ブレーンと協力しながら仕事を進めます。

 
施行

 
外観

 
撮影

 
店舗サインと施工はグラフィックファイン株式会社のKさんと職人のKさん(Kさん多いですね)。
DMやホームページのイメージ撮影は写真事務所 LINKAのKさん。(またKさん!)
EMU DESIGNはデザイン事務所ですが、時々外部のデザイナーに助けを求めることもあります。
今回の助っ人は知的美人デザイナーのKさん(このプロジェクト全員Kさん?)。
ECサイトの構築・コーディングはアトリエ・ガーネットのOさん(お一人だけOさんでした)。
現在はECサイトのオープンに向けて着々と準備を行っています。

 
エカリーナ
http://www.ecarina-roseline.com/
名古屋市東区東桜2-9-14 MATRIX35 1B
※店舗外観と商品撮影は写真事務所 LINKA
ブレスレット

 
パンプス

 

中川運河キャナルアート その1

秋本番、過ごしやすい毎日が続いていますね。
この季節は週末ごとに屋外でのイベントやお祭りが開催されていますが、
今年も中川運河沿いで開催されるアートイベント、
中川運河キャナルアートのポスター兼パンフレットのデザイン協力をさせていただきました。

 
IMG_0011

 
中川運河キャナルアートには様々なご縁があり、
活動が開始された2010年から間接的に関わらせていただいています。
中川運河ってどんなところ?とお思いの方に・・
こんなところです。

 
IMG_0999

 
流れがほとんどないため、風のない日は雲が鏡のように映る様子が見られます。
今回は初めて水上ステージを設置したパフォーマンスも行われます。

 
詳しくはこちらから。

 
http://www.canal-art.org/art/